司法書士と裁判事務

司法書士は、国家試験を合格して司法書士法により登録を済ませた専門家ですので、さまざまな裁判事務に携わることができるようになっています。
まず、テクスチャー06裁判所に提出するための書類を作成し、実際に依頼者が裁判を行うにあたってのアドバイスをしたりします。もともとは書類作成のほうがメインでしたが、平成15年度以降は、認定司法書士という制度が新たに創設されたため、140万円以下の簡易裁判所における民事裁判については、依頼人に代わって出廷して、裁判を進めることができるようにもなっています。
また、裁判とはいっても、実際には60万円以下の金額の支払いを求める少額訴訟や、調停、支払督促などさまざまなバリエーションがあります。こうした場合、訴状や申立書などを本人が書いて提出しなければなりませんが、司法書士に依頼をすれば、専門知識を活用して、書類を作成・提出してもらえるほか、本人にかわって相手との和解などの手続きを進めてもらうこともできます。
裁判というものは、一般の人にとっては複雑で手続きもめんどうであり、法律上の知識もないままに独力で乗り切るというのは困難ですが、司法書士に依頼すれば、そうした面でのサポートが受けられます。

コメントは受け付けていません。