司法書士にも法律相談ができるんです

司法書士というのは、不動産や会社などの登記や供託に関する手続きを代理したり、法務局や裁判所に提出する書類を作成したりすることを専門としているプロフェッショナルのことです。
そこで、こうした業務を遂行するにあたって必要な限度であれば、依頼主などからの相談に応じることができるとされています。
ただし、弁護士法とよばれる法律によって、法律にかかわる業務のすべてに関与することが認められた弁護士との兼ね合いがあるため、司法書士であるからといって、すべての人がその資格をもって法律相談がテクスチャー10行えるというわけではありません。
認定司法書士という新しくできた制度にもとづき、特別な研修メニューを修了して、法務大臣による認定を受けた人に限って、こうした相談にも対応することができることになっています。
この認定司法書士が認められている業務としては、簡易裁判所での訴訟の対象となる事件であって、その目的の価額が140万円を超えないものという範囲が定められています。
そのため、金銭トラブルでもいわゆる少額訴訟とよばれるようなものなどについて、より安価な報酬で専門家の力を借りたいという場合に、認定司法書士に相談の上で、引き続き処理を依頼するといった使い方が適しています。

コメントは受け付けていません。